日産グローバルTOP

JAPAN CAREER WEBSITE 中途採用

[ 技術系職種 ] へのエントリー
【技術系】 電子開発
【D1908】自動運転用センサフュージョン・オブジェクトマッピング開発エンジニア
職務内容 ■何をやっているのか?
将来の自動運転に向けて、ドライバーの運転行動である「認知・判断・操作」を自動化するための技術開発を行っています。
具体的には、
・周囲の交通環境を精密に知るための認識技術の開発
・認識結果に基づいて他車の動きを予測し、最適な運転行動を決定する技術の開発
・ドライバーにとって安心/快適な自動運転を実現するための制御技術の開発
を行っています。

■どのような仕事をお願いするのか?
レーダ、カメラなどの周辺認識センサからの情報を元に、自車周囲の走行環境を認識する技術の開発をしていただくポストです。

■どのようなメンバーと働いているのか?
自動運転の実現というチャレンジングな目標に向かって、様々な専門領域を持つメンバーが活発に議論を行い、仕事を行っています。
中途入社の方も多く活躍されており、国内外の最先端技術を有するサプライヤ、ベンダとともにモノづくりを行うことのできる、ダイバーシティを感じる職場です。

<アピールポイント(職務の魅力)>
日産自動車の今後を担う自動運転技術開発の実現に積極的に関わって頂くコアポジションです。
現在、自動運転に関する様々なニュースが流れるなど、社会の自動運転に対する関心が日々高まってきています。自動運転による効果は、渋滞の解消や環境負荷の低減、安全性の向上など多岐に渡りますが、より良いクルマ社会の実現に向けて自動運転技術は必要不可欠なものとなってきています。
そのため当ポストは、自動運転の実現において必須な、複数センサの情報をリアルタイムに統合処理し自車周囲の走行環境を把握すること、また新たな認識アルゴリズムの開発を主に担って頂く開発業務を通して、大きなやりがいを感じることができます。

<以下いずれかのキーワードに関する知見>
 ミリ波レーダ、レーザレーダ、レーザスキャナ、カメラ、フュージョン、デジタルマップ、SLAM、画像処理、C言語、MATLAB、Simulink 
登録資格 <MUST>
・自動運転に用いるセンサの一般的知識を有すること
・車両周辺認識アルゴリズムに関する広範な知識と、開発経験を有すること
・プログラム作成業務や開発ツールに精通していること

自動車業界経験:あれば尚可
TOEIC:600点以上

<WANT>
・自動運転システムに関する一般的な知識を有すること
・制御理論に関する一般的な知識を有すること

TOEIC:730点以上

<求める人物像>
・夢の技術を実現する熱意をもって、新たな課題へ取り組むことができる方
・高い能力と技術への好奇心を持ち、世界との競争を意識して、技術力を磨く意欲にあふれている方
・障害にぶつかったとしても、それを自らの糧として冷静かつ着実に課題解決に取り組むことができる方
・社内、社外を問わず円滑なコミュニケーションを図ることができる方

#LI-DNP 
勤務地  日産先進技術開発センター/所在地:厚木市森の里青山 


待遇等「応募要項」をご参照ください ←職種一覧へ  ↑このページの先頭へ
CLOSE