日産グローバルTOP

JAPAN CAREER WEBSITE 中途採用

[ 技術系職種 ] へのエントリー
【技術系】 実験評価
【F1904】ヘッドランプ、カメラモニタシステム性能開発のための実験 エンジニア
職務内容 ■何をやっているのか?
開発対象は電子制御ヘッドランプ(ADB)やカメラモニタシステム(CMS)等の新規デバイスおよび、従来型のヘッドランプ、ワイパー、ミラー、ホーンの新型車プロジェクト適用です。
具体的には、悪天候を含む、様々な走行環境下で、運転に必要な視界を確保するために、お客様の期待値や行動特性を基に明確にし、実用性評価手法と共に設計したものを実際の走行環境をできる限り再現した条件で、実車評価を行っています。
近年はヘッドランプやミラーの電子制御化が進み、ヘッドランプ配光の自動制御やカメラモニタシステムの先行開発を関連サプライヤ、日産海外拠点と連携して行っています。

■どのような仕事をお願いするのか?
設計要件の開発
・定量化が難しいお客様の使用環境や使い方を人間工学視点でロジカルに仮説設定し、計測や統計解析を通して、設計可能な状態にする。
・このような業務を海外含めたエキスパートとのコミュニケーションを繰り返し、地域要件を捉え、人間特性、システム信頼性の観点で設計要件化する。

■どのようなメンバーと働いているのか?
・テストコースや最新の環境再現設備での試作品評価や海外を含むフィールド調査など、現場・現物で開発を進める最前線の部署です。
・市場の動向やお客様の調査から信頼性評価まで、幅広い知識や経験を積むことができます。
・機械系・電子系さまざまなスキルをもった方が日々の開発実験に取り組んでいます。
・幅広い年代、幅広い経歴を持つメンバー(中途入社メンバー含む)が在籍しており、若手含めて誰でも積極的に意見を出せる職場です。

<アピールポイント(職務の魅力)>
・自動車デザインのまさに目玉であり、夜間走行に必須デバイスであるヘッドランプや、これからのAD時代の主流となっていくカメラモニタシステムを中心とした視界装置の開発に直接携わって市場に投入することができます。また、その反響を元にさらに良いシステムにステップアップさせていき、お客様の満足感を向上させることにより、技術者としての達成感を得ることが出来ます。
・この新デバイスは萌芽期の技術であり、仕事を通じて業界の第一人者として活躍できます。

<以下いずれかのキーワードに関する知見>
ヘッドランプ、ワイパー、ミラー、カメラモニタシステム、ADB、電制ヘッドランプ、アラウンドビューモニター、リアビューモニター、ハイビームアシスト、バックビューモニター、人間工学、運転視界、間接視界、先進技術、LEDヘッドランプ、夜間視界、雨天視界、行動特性、グローバル、実験 
登録資格 <MUST>
・理工学系大学卒業(システム/メカトロ系の基礎科目の知識、人体の視機能や人間工学、統計に関する知識)
・機械や電気部品の開発実験 実務の経験
・自動車運転免許(MT車)

自動車業界経験:あれば尚可
TOEIC:600

<WANT>
・ヘッドランプ・ミラー・ワイパー・カメラモニタシステムなどの視界装置の自動車部品開発業務経験
・海外との仕事経験

TOEIC:700

<求める人物像>
・クルマを通し、世界初のシステムを創り出し、お客様に新たな価値を提供したいという想いのある方
・高い目標を掲げて諦めず最後までやりきる熱意のある方
・海外含めたエキスパートとのコミュニケーション力、および結論に導くべく、推進できる方
・自分の考えを積極的に発信し、周囲を巻き込んで課題解決の最良手段を見出せる力のある方

#LI-DNP 
勤務地  日産テクニカルセンター/所在地:厚木市岡津古久 


待遇等「応募要項」をご参照ください ←職種一覧へ  ↑このページの先頭へ
CLOSE