Deloitte

■M&A領域
【G&PS/I&CP】インフラ・公共セクターアドバイザリー/Infrastructure & Capital Projects
職務内容 インフラ・公共セクターアドバイザリー(Infrastructure & Capital Projects: I&CP)は、インフラを中心としたプロジェクトのライフサイクルを通じ、国内外において、インフラ調達、インフラM&A、国際開発及びキャピタル・プロジェクトという4つのビジネス領域から、民間クライアントと公共クライアントの双方に対する複合的なアドバイザリーサービスです。
DTFAでは、主に次の二つのチームが連携しつつI&CPビジネスを提供しています。

1.政府・公共セクター部門(国際開発アドバイザリーを含む)
政府機関、国際援助機関、地方自治体等、主として公共セクタークライアントに対する、コンサルティング、調査、制度作り、インフラ調達・ファイナンスに関するアドバイザリーを担当。

<主なサービス例>
インフラ調達・ファイナンスアドバイザリー
海外都市開発・TODアドバイザリー
国際開発アドバイザリー(JICAや国際機関、国際開発機関等)
新興国へのビジネス展開支援
気候・イノベーティブファイナンス 等

2.民間セクター部門
商社、建設会社、ディベロッパー等、主として民間企業のクライアントによるインフラ事業及び関連企業への投融資に関するアドバイザリーを担当。

<主なサービス例>
インフラ投融資アドバイザリー(含むM&A)
PPP/PFIアドバイザリー(民間・バイサイド)
国内公共セクター(政府系金融機関等)によるバイサイドのインフラ投融資アドバイザリー 等

※応募者はどちらの部門への配属を希望するかを明記すること。
 
登録資格 以下のいずれかの業務経験やスキルがあること

・コンサルティングファームやシンクタンク等での市場調査及びプロジェクトマネジメントに係る業務経験
・各種インフラ分野での調査や投融資に関するアドバイザリー経験
・民間金融機関や国際金融機関での融資やデューディリジェンス経験
・官民連携(PPP)に関するアドバイザリー経験
・政府機関に対するアドバイザリー経験
・不動産開発に係る企画立案、戦略策定、開発実務、管理運営、エリアマネジメントに係る業務経験
・国際開発を含む国際プロジェクトでの業務経験
・会計・財務に関するアドバイザリー経験
・なお、いずれの部門についても、国際プロジェクトへのアサインを希望する応募者は、上級ビジネスレベル以上の英語力があることを必須とする。 
待遇  【勤務時間】9:30-17:30
【休日】土日祝日、年末年始
【休暇】有給、慶弔、育児、介護休暇など
【賞与】年1回
【昇給】年1回
【社会保険】健康、厚生年金、雇用、労災
【各種制度】退職金制度、公認会計士企業年金基金、総合福祉団体定期保険、財形貯蓄制度、定期健康診断、自己啓発援助など

 
勤務地  デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(東京)  


←職種一覧へ  ↑このページの先頭へ