Deloitte

■クライシスマネジメント領域
フォレンジック&クライシスマネジメント(不正調査・危機対応支援等)
職務内容 昨今の国内外におけるコンプライアンス意識の高まりを背景に、会社の根幹を揺るがす不正・不祥事が頻発しています。当社はそのような有事(クライシス)において、発生時だけでなく、事前・事後のサポートを含め、危機に瀕した企業を一貫して支援します。

■発生時対応−Response
<危機対策支援>
不正・不祥事に対する対策本部の組成・運用を支援する業務。各種トラブルの解決案の提案及び実行支援、顧客、マスコミ、監督官庁、株主、金融機関、監査人等の企業内外の多くのステークホルダーとのコミュニケーション支援等が含まれる。

<不正調査>
会計不正や贈収賄等の企業不正を調査する業務。社内特別調査委員会や独立した第三者調査委員会から委嘱を受けて実施される。会計専門家として事実・情報分析を行い、弁護士等の他専門家とともに調査報告書をとりまとめる。

■事後対応−Recovery
<内部統制再構築・導入・定着化支援>
不正調査の過程で把握された不正発生原因を踏まえ、再発を防止するため内部統制の再構築及びその導入・定着化までを支援する業務。業務オペレーションだけでなく、ガバナンスのあり方、組織風土、情報システムなど幅広い領域を扱う。

■事前予防−Readiness
<不正リスクマネジメント>
有事に陥る以前の平時において、リスクを診断・評価し、予防策のアドバイス、構築を支援する業務。日本企業各社が立ち遅れている部分であり、啓蒙的活動も求められる。

一貫して支援する業態を反映して、職員には幅広い業務機会を提供することができます。また、不正・不祥事は企業の存亡にかかわり、CXOクラスが陣頭指揮をとることが多いため、トップマネジメントと切り結ぶことを通じて広い視野を獲得し、将来的には企業のCFOやCCO(Chief Compliance Officer)へ転身する道を拓くことも不可能ではありません
 
登録資格 業務領域の拡大に伴い、以下の3つの分野の方を募集します。

1. 会計士
−公認会計士またはUSCPAの資格をお持ちの方(必須。科目合格も応相談)
−監査業務経験3年以上(できれば)
−英語力は問わない
−事業会社経験があれば、なお可

2. コンサルタント
−コンサルティング業務経験3年以上
(業務系、リスクマネジメント系、データ分析系、FAS系等)
−英語力は問わない
−事業会社経験があれば、なお可

3. 海外駐在経験者
−海外駐在経験3年以上
−英語力必須
−管理系業務(経理、企画、内部監査等)の経験 
待遇  【勤務時間】9:30-17:30
【休日】土日祝日、年末年始
【休暇】有給、慶弔、育児、介護、夏季休暇など
【賞与】年1回
【昇給】年1回
【社会保険】健康、厚生年金、雇用、労災、介護など
【各種制度】退職金、資格取得奨励、各種学校費用補助、団体生命保険、財形貯蓄など  
勤務地  デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(東京) 


←職種一覧へ  ↑このページの先頭へ